2017年4月20日号
往年の名車勢揃い
カー&バイクミーティングユメリア2017

photo  西仙オールドカークラブ、秋田W1オーナーズクラブが主催する「カー&バイクミーティングユメリア2017」が16日、西仙北ぬく森温泉ユメリア駐車場で開催され、自動車愛好家達がマイカーを持ち寄り、同好の士との交流を深めた。

 展示会は「歴史に敬意を・大人になっても心は少年・友情の輪をビックに!」の精神のもと、平成14年から始まり、今年で15回目。鑑賞目的の客を含め来場者は毎年約400人を数える。
photo  車の展示資格は「昭和に製造された国内外の二輪、三輪、四輪」。インターネットやSNSなどで参加者を募集したところ、約100台のビンテージ・カーが集結した。
 会場には東北6県のほか、関東圏ナンバーなど県内外の旧車が集合。あちこちで常連客同士の旧交が温められていたほか、来場者は展示車を写真に収めたり、所有者と談笑しながら楽しんだ。
 クラウン、ダットサン、スカイライン、フェアレディなど昭和の国産名車のほかに、色とりどりのフォルクスワーゲンがずらりと並んだ一角もあった。
 会場ではハンドル、ライト、マフラー等のカー、バイク部品のほか、プラモデルやミニカーなどを扱うフリーマーケットも行われていた。
 訪れていた男性は「往年の車を一度にたくさん見ることができて楽しい。やはり昔の車は個性があって格好いいと感じた」と話していた。


photo
※写真は
「懐かしの車が並ぶ」
「個性的な名車」
「フリーマーケットも開催」
詳しくは2017年4月20日(木)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで