2017年7月6日号
職人技に驚いた
中学生が職場体験

photo  Honda Cars大曲四ツ屋店で6月28日と29日の2日間、太田中学校の生徒3人が職場体験した。真剣な表情で点検や板金作業に取り組んだ。

 作業着姿となった生徒達。清水川聡工場長の案内で作業体験などした。
 6ヵ月点検ではエンジンオイルの量や汚れ、タイヤの空気圧、ブレーキホースのゆるみなどを見た。異常がないことが認められメンテナンスノートへの書き方も教わった。
 板金では、事故で潰れた車があった。専用の機器で引っ張ると潰れて内側に入ってしまった部分が徐々にもとの形に。引っ張りすぎると修正不可能になるために慎重な作業で、職人の技に生徒達は見入っていた。
 わざとドアをハンマーで叩き凹ませて、修理に使う当て板と鈑金ハンマーで叩きながら平らな面にする作業も体験した。「バンバンバン」と言う音だがしっかりと出来ていると「カンカンカン」と心地良い音が響いた。
 草g風斗さん(3年生)は「楽しさややりがいを感じたほか、どういう人が向いているかなどもわかり、将来の職種を選ぶ参考になった。べこべこになった車体を戻す板金の場面が一番印象に残っている。職人の技に驚いた」と話した。

photo photo
















※写真は
「板金では職人の技を披露」
「6カ月点検をする生達」
「板金に挑戦」
詳しくは2017年7月6日(木)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで