2017年7月20日号
ゴール目指し懸命に
大曲花火納涼マラソン大会

photo  大曲おはよう走友会(高橋澄夫会長)の第17回「大曲花火納涼マラソン大会」が17日、大仙市丸子川雄物川三橋コースで行われた。県内外から88人がエントリーし力走した。
 大会は男女別、年齢別に分かれてタイムを競うもので、5`と10`で競った。
 今大会は初代会長の故・榊田丑太郎さんの大曲〜東京間約600`完走40周年記念大会と銘打って開催した。

 開会式では高橋会長が「初代会長榊田丑太郎翁が病を克服し自ら健康マラソンを実践し、その成果を世に示され、合わせて交通安全運動の市長のメッセージを携え、大曲から首都を目指し20日間で走破したことを記念した大会。翁のゴールを目指す熱い心情は私たちランナーに共通したものだ」とあいさつ。丑太郎さんの遺族の榊田玉江さんも激励に駆けつけた。
photo  今大会の最高齢は仙北市田沢湖生保内の坂本幸一さんで80歳。5`に出場した。坂本さんは「健康のために走り始め32年。この大会には10回以上出場している。完走を目指したい」と意気込んだ。
 また今回もゲストランナーとして秋田市の兜森忠道さんもオープン参加した。兜森さんは秋田高校時代、秋田県代表として福岡国体に出場。山形大学時代は東北インカレ1万bで優勝している。第10回大会の納涼マラソンを祝い、兜森杯を寄贈している。
 スタート合図で一斉に駆け出すランナー。この日は大曲で最大瞬間風速が9・7bを記録しており、強風に立ち向かいながら懸命にゴールを目指した。
 主な成績は次の通り。敬称略。
【男子】
 ◇5`45歳未満=@佐々木賢(大仙市協和)A加登野貴之(同市内小友)B渡辺慎一(湯沢市)
 ◇5`45歳以上60歳未満=@梅津賢一(大仙市四ツ屋)A三浦誉一(同市若竹町)B佐野公則(横手市)
 ◇5`60歳以上70歳未満=@杉山誠以(秋田市)A井関由紀夫(大仙市若竹町)B柴田清(秋田市)
 ◇5`70歳以上=@三浦正直(大仙市強首)A柴田清(横手市)B佐々木忠四郎(大仙市四ツ屋)
 ◇10`45歳未満=@井関肇(能代市)A熊谷洋平(秋田市)B判田恭明(大仙市長野)
 ◇10`45歳以上60歳未満=@佐藤雅敬(秋田市)A兜森輝美(仙北市田沢湖生保内)B池田誠(秋田市)
 ◇10`60歳以上70歳未満=@井山利広(秋田市)A佐藤繁文(同)B加藤光英(横手市)
 ◇10`70歳以上=@金公四(秋田市)A稲田修(仙北市田沢湖生保内)B藤原円治郎(横手市)
【女子】
 ◇5`50歳未満=@工藤奈津子(秋田市)A藤原美喜子(美郷町六郷)
 ◇5`50歳以上=@町田英子(大仙市大曲飯田町)A富樫良子(秋田市)B佐川京子(大仙市協和峰吉川)
 ◇10`50歳未満=@漆原和枝(秋田市)A柴田雪子(同)B三浦ゆう子(同)
 ◇10`50歳以上=@大越麻子(岩手県盛岡市)A深瀬真理子(秋田市)B進藤郁子(大仙市大曲船場町)

photo photo
















※写真は
「一斉にスタートするランナー」
「大会に出場した選手」
「ゲストランナーの兜森さん」
「表彰を受ける上位入賞者」
詳しくは2017年7月20日(木)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで