2017年8月12日号
各地で夏祭り
ドンパン祭りは16日

photo  大仙市の各地域では、お盆を境に夏祭りが開催される。市民はもとより観光客や帰省客に楽しんでもらおうと、趣向を凝らしている。

 ◇彩夏せんぼく
 15日午後2時〜午後9時まで、国指定史跡「払田柵跡内特設会場」で開催される。
 仙北地域の年中行事の中で最も地域住民に親しまれ、夏の風物詩として定着。歌や踊りのステージイベント、花火ショーなどが行われる。
 メインの平安行列は午後6時20分から。古代衣装に身を包んだ人々が平安浪漫の世界へ誘う。花火は8時半から打ち上がる。
 ◇ふるさと西仙まつり
 15日午後5時半〜9時まで、刈和野大橋上流の雄物川河川敷で開催される。
 地域の中央を流れる雄物川の河川敷を舞台に7時40分から小・中学生らが作成した約800個の灯ろうが流される。
 水面一面に幻想的な光を漂わせる中、対岸から花火を打ち上げる。
 ◇ドンパン祭り
 16日午後2時〜午後8時半まで、市役所中仙庁舎前「ドンパン広場」で開催される。元唄からロック調まで様々なドンパン節で踊りの輪が広がる。
 旧中仙町立町30周年記念の昭和60年に始まり今回で33回目。 
   午後6時20分からのドンパンナイトフェスティバルでは、円満造甚句踊り、ヤートセ桜秀心舞、ドンパン踊り、ロックドンパンと続き一番の盛り上がりをみせる。花火の打ち上げ8時から30分間。
 ◇角間川盆踊り
 16日午後7時半〜午後9時まで、JAあきたおばこ大曲南支店前の角間川町本通りで開催される。
 角間川盆踊りは市指定無形民俗文化財。黒塀の前にかがり火が焚かれ、輪になって優雅な踊りが繰り広げられる。お囃子には小・中学校の児童生徒が加わり全町あげて保存・継承に努めている。
◇南外盆踊り
 16日午後4時〜午後9時まで、市役所南外庁舎前の駐車場で開催される。
 南外地位企画団体による唄や踊りの披露と、会場内参加者全員による盆踊りを行う。
 南外の名所、名産をうたった「南外小唄」と、おけさ踊りの一つで南外地域の釜坂集落に伝承されてきた「釜坂おけさ」で大きな踊りの輪を広げる。
 前日の15日には前夜祭も開催し、浴衣コンテストを行う。


※写真は
「ドンパン祭りのポスター」
詳しくは2017年8月12日(土)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで