2017年9月19日号
定数28に29人
大仙市議会議員一般選挙

photo  大仙市議会議員の一般選挙が17日告示され、定数28に対し29人が立候補を届けた。各候補者は東奔西走し、支持を訴えている。
 現職26人、新人3人が挑むことになった今回の選挙。党派別では無所属25人、公明党2人、共産党2人となっている。

 どの候補者も旧市町村時代の地盤を確保するとともに、地縁、血縁を頼りに1票の積み重ねに奔走している。
 大票田の大曲地域の票数は3万1169票。他地域からの切り崩しを受けるのも同地域で、地元から出馬した9人の候補者はマイクを握りながら躍起になっている。
 身近な選挙だけに市民の関心も高く、候補者が訪れると家の前に出て出迎えるなど、市内は選挙一色に染まっている。
 17日現在の有権者数は男3万3693人、女3万8993人の計7万2686人。  前回の投票率は68.29l。今回も68lだとした場合、1人あたりの平均票数は1711票。これが当落の一つの目安となりそうだ。

photo










※写真は
「一斉に張り出された選挙ポスター」
詳しくは2017年9月19日(火)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで