2017年9月26日号
コンバインの音響く
各地で稲刈り

photo  大曲仙北で稲刈りが始まっており間もなく最盛期を迎えそうだ。黄金色の田んぼにコンバインの音が響いている。

 大仙市大曲西根の進藤孟さん(59)は23日から妻の明美さん(53)とともに稲刈りに汗を流した。
photo  進藤さんの田んぼは7月の記録的な大雨により冠水した大曲西根地区。「水害の支障はなさそうだ」と安堵する。ただ「稲刈りの時期は平年並みだが昨年よりも少し不漁かもしれない」と話す。
 JA秋田おばこの米穀課は「実が太りきれていない細いという地域も出ている。気温が低かったのと、様子を見る人がいるため、稲刈りの最盛期は例年に比べ3日ほど遅くなる見通し」と話した。

 ※写真は
 「コンバインで刈り取る進藤さん」
 「収穫された黄金色の米」
詳しくは2017年9月28日(木)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで