2017年11月25日号
着々と準備進む
大台スキー場でリフト取り付け

photo  大仙市太田地域の大台スキー場でオープンに向け着実に準備が進められている。21日と22日は従業員がリフト搬器(いす)を取り付けた。
 作業初日となった20日はリフト搬器の取り付け部分の洗浄と組み立てを行い、翌日から取り付けた。ワイヤーロープに取り付け、規定範囲内の強さで締め付けた。2日間でパラダイスリフト153器とロマンスリフト112器の計265器が取り付けられた。

 23日は荷重試験など規程の検査を行い、安全を確認した。今後はリフト各所のオイル交換やグリスアップ、コース内外の保護マットの取り付けなどを行い、オープンに備える。
 スキー場関係者は「常にお客様の安全を第一に考え、特に初心者や家族連れが安心して楽しめるスキー場づくりをしていきたい」と話した。
photo  22日現在の積雪は約20a。
 営業期間は12月23日から来年3月11日までの予定。ナイター営業は2月10日までは金曜日と土曜日に行う。2月15日以降は毎日ナイター営業する。
 問い合わせは、大台スキー場(TEL0187-89-1788)。

 ※写真は
「搬器を取り付ける」
「真っ白な雪に覆われた大台スキー場」
詳しくは2017年11月25日(土)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで