2017年12月9日号
大仙市定例市議会
7議員が一般質問

 大仙市の定例市議会は7日、本会議を再開し、石塚柏(だいせんの会)、鎌田正(大地の会)、藤田和久(日本共産党)、橋徳久(だいせんの会)、金谷道男(大地の会)、佐藤育男(同)、後藤健(同)の7議員が一般質問を行った。

 老松博行市長は石塚柏議員から洪水対策のうち「福部内川アンダーの止水のために止水版、水嚢の導入を検討してはどうか」との一般質問に対し「議員提案の通り有効な手段の一つだと思う。当該アンダー橋りょう部の構造調査や河川管理者である秋田県と協議を行いながら検討したい」と述べた。


詳しくは2017年12月9日(土)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで