2017年12月19日号
安心安全な町に
繁華街をパトロール

photo  大仙警察署(佐藤和人署長)は15日、大仙市大曲丸の内町と黒瀬町周辺の飲食店約50店舗を対象とした巡回パトロールを実施した。同署や大仙市役所、大仙市防犯協会などから約50人が参加し、風俗営業等の健全化や飲酒運転の防止を呼び掛けた。

 パトロールは年末・年始特別警戒と年末の交通安全運動に合わせて毎年実施している。
 ペアーレ大仙駐車場で行われた出発式で佐藤署長は「警察だけではできないことも多々ある。年末にかけて地域の方々の協力を頂きながら、安全安心な町とするべく犯罪の抑止や交通事故防止に取り組んでいきたい」とあいさつした。
 参加者は「年末年始特別警戒実施中」、「手をつなぎ勇気で締め出せ暴力団」などと書かれたのぼりを掲げ、2班に分かれて巡回を開始。丸の内町と黒瀬町周辺の酒類を提供する飲食店を1件ずつ巡り、従業員らに「飲酒運転防止の声掛けをお願いします」、「侵入犯罪や特殊詐欺に気をつけて」と声を掛けながら啓発用のチラシやポスター、ポケットティッシュなどを配布し、犯罪の抑止と交通事故防止を呼び掛けた。

photo photo















 ※写真は
「繁華街をパトロール」
「あいさつする佐藤署長」
「飲酒運転運転の防止などを呼びかけた」
詳しくは2017年12月19日(火)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで