2018年1月6日号
とても嬉しい
角館駅乗降客等歓迎イベント

photo  角館駅乗降客等歓迎イベントが1日、同駅と仙北市観光情報センター「角館駅前蔵」で行われた。駅社員と角館町観光協会会員ら約15人が横断幕でのお出迎えやプレゼントの配布などを行い、新幹線の下車客を歓迎した。
 駅の活性化と角館のPRを目的に毎年、元日に実施しているもの。今年は9時34分、10時39分、11時41分、12時17分、13時24分、14時20分着の東京方面からの下り新幹線6本を対象に行った。

photo  会員らは駅のホームに並び、「えぐきてけだんし」と書かれた横断幕を広げて下車客を歓迎したほか、バター餅やゆかり堂の落ち葉かりんとう、カイロ、パンフレットなどのプレゼントを詰め合わせた小袋を100セット配布。角館マスコットキャラクターの「福松くん」と「お梅ちゃん」も登場し、一緒に下車客を出迎えた。
 同会の青山慎一事務局長は「協会としての活動は3月で終え、4月から新組織の『田沢湖・角館観光連盟』となる。地域全体を売り込み、活性化に繋がることを願う」、同駅の井上勝子駅長は「安全・安定輸送でサービスを提供し、お客様が安心して利用できるよう努めていきたい」とそれぞれ述べた。
 市観光情報センター「角館駅前蔵」では秋田清酒の「にごり酒 ぬぐだ丸」や秀よしの「さきにごりしぼりたて純米酒 生酒」などの地酒のほか、安藤醸造の漬物、唐土庵いさみやの新作もろこしが無料で振舞われ、観光客は秋田の味に舌鼓を打っていた。
 福島県からの観光客は「元旦から温かい歓迎とサービスをしてもらいとても嬉しい。振舞いの食べ物とお酒も美味しかった」と話していた。

photo photo














 ※写真は
「横断幕でお出迎え」
「マスコットキャラクターも登場」
「下車客へ記念品を手渡す」
「観光客への振舞いも」
詳しくは2018年1月6日(土)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで