2018年2月1日号
感謝の気持ちを込め披露
HMBの報告演奏会

photo  第45回「マーチングバンド全国大会」小学生の部・小編成で銀賞を受賞したHMB大仙市立花館小学校マーチングバンドが1月27日、大曲体育館で報告演奏会を開いた。訪れた多くの保護者や市民に感謝の気持ちを込めて演奏演技を披露した。
 楽器を持った子どもたち41人は西部劇映画「荒野の7人」のオープニングテーマを演奏しながら体育館に入場。1974年に大ヒットした典型的ロックンロールナンバー「学園天国」、お笑い芸人の「にゃんこスター」のネタにも使われている「さくらんぼ」などを次々と奏でた。

 星野源さんの楽曲「恋」では、4年生がダンスを踊ったほか、一青窈さんの「ハナミズキ」では6年生が代わる代わるソロ演奏を披露し、会場を盛り上げた。 photo photo  来年度のショードリルの演奏曲「Color Your Life」を披露する場面もあった。  フィナーレは昨年、さいたまスーパーアリーナで開催された全国大会で銀賞を受賞した今年度のショー・ドリルの演奏曲「Far Away〜ふるさとの山に祈る〜」。隊長の後藤恵莉奈さんが「この曲は41人の力強いと音楽と今まで支えてくれた人への感謝の気持ちがこもった曲。地域のみなさんに感謝を込め、精一杯演奏演技した。これからもHMBの応援をお願いしたい」とあいさつすると、保護者からは「ファイトー、ハナショー」、「頑張れー」と声援が飛んだ。  小気味良く響くドラムやトランペットなどの管楽器。そしてチームワークの取れた華麗な演奏演技に観客は大きな拍手と声援を送った。  会場には数々の栄光の記録も飾られた。訪れた市民は「大仙市がマーチングの街として知られるようになって来ており嬉しい。子ども達の活躍は地域の活性化にも繋がるので、これからも素晴らしい演奏演技をしてもらいたい」と話した。

photo photo












 ※写真は
「入場するHMB」
「恋ダンスを披露」
「あいさつする後藤隊長」
「フィナーレの一場面」
「一糸乱れぬ演奏演技を披露」
詳しくは2018年2月1日(木)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで