2018年5月26日号
旧池田氏庭園幻想的に
ファンタジーナイト

photo  国指定名勝「旧池田氏庭園」の公開拡大を記念したイベント「風薫る新緑のファンタジーナイト」が19日と20日の2日間行われた。ライトアップによって洋館と雪見灯籠、新緑の木々が照らされ幻想的な雰囲気に包まれた。
 旧池田氏庭園は、大正時代に築かれた東北の三大地主と言われた池田氏の庭園。約4万2000平方bの広大な敷地には県内で初めて鉄筋コンクリートで建てられた洋館や、国内最大級の高さ4bの雪見灯籠などの貴重な文化財が残されている。

 ライトアップイベントは2日間限定の午後6時半から8時半まで行われ、日中とは趣きの異なる夜の庭園に、来場者はじっくりと散策を楽しんだ。国重要文化財に指定された洋館の壁面を使ったプロジェクションマッピングもあった。
photo  会場では大曲カレー旨麺同好会、ポルミート、PLUS CAFE、大仙市観光物産協会によるご当地グルメや市の特産品の販売なども行われた。
 米蔵では現在、秋田公立美術大学准教授の熊谷晃さんの漆アート展が開催されており「変塗蒔絵螺鈿箱かたくり」や「変塗蒔絵螺鈿箱水仙」などが展示されている。6月2日午前11時と午後4時からは熊谷さんによるギャラリートークも予定されている。
 訪れた男性は「夜の旧池田氏庭園には初めて来た。ライトアップによって日中とはまた違った庭園の表情が見られたので良かった」と話した。
 常時公開は11月18日まで。開園時間は午前9時から午後4時まで。最終入場は3時半。月曜日が休園日(祝日の場合は翌日)。
 期間中は初夏(5月19日〜6月10日)、夏季(8月24日〜26日)、秋季(10月10日〜11月18日)特別公開も実施する。 
 入園料は通常300円(高校生以下無料)、20人以上の団体割240円、年間パスポートは700円。洋館2階特別公開入館料200円(特別公開期間限定)。
 駐車場は旧池田氏庭園正門前に21台、せんぼくちびっこらんどわかば園臨時駐車場に80台停めることが出来る。  問い合わせは、平日が大仙市文化財保護課(TEL0187-63-3003)、土日、祝日は市観光情報センター(TEL0187-86-0888)。

photo photo












※写真は
「幻想的にライトアップされる庭園」
「緑溢れる庭園」
「国重要文化財に指定された洋館2階」
「米蔵で開催されている展示」
詳しくは2018年5月26日(土)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで