2018年7月3日号
購入の権利全員に
桟敷席の直接販売

photo  来月25日に開催される第92回全国花火競技大会「大曲の花火」の桟敷席の直接販売が1日、大曲商工会議所で行われた。購入希望者は1390人で抽選を行う基準の2000人に達しなかったため、全員が購入する権利を得た。倍率は0・69倍。
 会場周辺には県内外から購入を希望する家族連れや友人同士が集まり列を作った。

 購入はA席(定員6人)、C席(同5人)、イス席のいずれか1種類で、A、C席は1人最大3マス、イス席は10席までとした。
 実行委員会が午前9時までに来場した人に抽選券を配布。花火の合図に続いて、全員が当選したとのアナウンスが流れると会場からは歓声と拍手が上がり、嬉しそうに購入手続きを行う来場者の姿が見られた。
 A席を2マス購入した盛岡市の伊藤誠さん(63)は「大曲の花火は毎年、桟敷席で見ている。今年も購入できてホッとしている。親戚にも声を掛け、素晴らしい花火を堪能したい」と話していた。

photo photo












※写真は
「多くの花火ファンが集まった」
「全員当選のアナウンスに沸く会場」
「購入手続きを行う来場者」
詳しくは2018年7月3日(火)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで