2018年8月9日号
大仙市臨時市議会
原案通り可決

photo  大仙市の臨時市議会が6日、開会し会期を1日限りとした後、児童館及び児童センターに関する条例及び健康文化活動拠点センター「ペアーレ大仙」条例の一部を改正する条例の制定案と大曲中学校工事請負契約の締結案の2議案を原案通り可決した。

 条例の一部改正案は、大曲駅前第二地区土地区画整理事業施工区域内の土地について、今年7月20日に県知事の換地処分公告があり、合わせて同区域内の一部の区域の住居表示を変更したことに伴い、ひだまり児童館とペアーレ大仙の位置を改めるもの。
 工事請負契約の締結案は、大曲中学校水泳プール改築(建築工事)で、契約金額は2億520万円。契約の相手は佐々木組・荒屋鋪建設特定建設工事共同企業体。主な工事は建築工事、プール工事、付帯外構工事。


※写真は
「招集あいさつする老松市長」
詳しくは2018年8月9日(木)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで