2018年12月22日号
一足早くプレゼント
保育園にサンタ訪問

photo  はなだて保育園(小田原真優美園長)に20日、大曲郵便局員扮するサンタクロースが訪問し、年長園児26人に一足早いクリスマスプレゼントを贈った。
 「郵便局サンタ」は子ども達に手紙を書く文化に親しんでもらおうと、昨年から全国の郵便局で行っている。
 園児達は事前に自分が欲しいものやサンタへのメッセージなどをはがきに書き、園内に設置された特設ポストに投函。はじめに、そのはがきを郵便局の配達員が回収し、サンタへの配達に向かった。

 続いて行われたのは職員による紙芝居「おてがみがとどくまで」の朗読。園児達は宛名をしっかり書くことや切手を貼ることなど手紙を出す際の約束事について楽しみながら学んでいた。
photo  朗読が終わるといよいよ大きな袋を背負ったサンタが登場。代表園児にお菓子や絵本、シールなどが入った袋をプレゼントした。お礼に子ども達は「ねぇサンタクロースのおじいさん」と「にじのむこうに」の2曲を元気いっぱいに歌った。
 質問タイムでは「サンタは世界中に何人いるの?」などといった質問が上がり、サンタは「みんなの周りにはサンタがいっぱいいて、良い事をしても悪い事をしてもすぐにわかる。これからも良い子にして元気に園に通ってほしい」と呼び掛けていた。


photo photo photo







※写真は
「サンタと触れ合う」
「プレゼントを受け取る代表園児」
「園児のはがきを回収する配達員」
「お礼に歌のプレゼント」
「全員で記念撮影」
詳しくは2018年12月22日(土)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで