2019年7月11日号
460人超が参加
大曲地域河川一斉クリーンアップ

photo  大仙市大曲地域の河川一斉クリーンアップが7日早朝、丸子川河川、雄物川河川、川港親水公園の3箇所で行われた。市民の憩いの場である一帯をきれいにしようと、各団体や一般市民460人を超える参加があった。
 河川一斉クリーンアップは毎年7月の河川愛護月間にあわせ実施している市民参加型の河川愛護事業。丸子川を美しくする会(小松利也会長)の主催。

 市街地を流れる丸子川クリーンアップは40回目。約300人が参加し、昭代橋から大曲丸の内町の八幡児童公園までの丸子川両岸を重点清掃区域としてごみ拾いや草取り、低水護岸の清掃を行った。 
 丸子橋にある花壇の整備や丸子のこみちのコケなども取り除いた。
 雄物川クリーンアップは大曲花火大橋(旧金谷橋)から姫神橋下流を重点区域として東岸側を74人で清掃した。火バサミを使い細かなごみを拾い集めたほか、階段付近の雑草を取り除いた。
 川港親水公園(旧横手側)クリーンアップには大曲南中学校1年生16人を含む90人が参加した。公園全域のごみひろいや草取りをして景観を整えた。
 市都市管理課によると、集まったごみなどは3会場合わせて380`だという。

photo photo















※写真は
「階段の雑草を取り除く(雄物川河川敷)」
「花壇を整備する(丸子橋)」
「まるこのこみちを清掃」
詳しくは2019年7月11日(木)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで