2020年10月24日号
生き生きとプレー
健康増進G・G大会

photo  第5回健康増進グラウンド・ゴルフ大会が20日、大曲球場で開催された。愛好家96人が参加し、生き生きとプレーを繰り広げた。
 大会は、市内で複数のスポーツ施設を運営する株式会社大曲スポーツセンターが、地域に感謝の気持ちを示そうと、大曲グラウンド・ゴルフ協会と共催で開いている。
 開会式で、大会会長を務める同センターの松岡伸幸代表取締役が「日頃から地域の皆さんに各施設を利用頂いていることに感謝したい。入賞を目指して仲間とともに楽しくプレーしてもらいたい」とあいさつした。
 競技は個人戦で8コース32ホールを回り、合計打数を競った。参加者は「惜しい」、「またボールが曲がっちゃったよ」などグループのメンバーで励まし合いながらゲームに熱中。ゴールポストを目掛けて力強いショットを放ち、ホールインワンや好プレーが飛び出すと歓声や拍手が上がった。
 終了後には、振舞われた豚汁に舌鼓を打ちながらみんなで談笑するなど運動だけでなく、仲間と過ごす楽しい1日を満喫していた。
 成績は次の通り。敬称略。
【男子の部】
 @佐々木宏洋(四ツ屋)A佐貫千代吉(藤木)B加藤久右ェ門(内小友)C和氣満(大曲)D伊藤富司(内小友)E鈴木金之助(大曲)
【女子の部】
 @荒木ミツ子(大曲)A佐藤恭子(花館)B伊藤和子(大川西根)C佐々木正子(大曲)D高橋マキ(四ツ屋)E渋谷イナ子(藤木)
 ▽特別賞=石川ヨシ子(大曲)

photo photo












※写真は
仲間とプレーを楽しむ
真剣な眼差しでポストインを狙う
表彰を受ける入賞者



詳しくは2020年10月24日(土)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで