2021年2月23日号
選挙は「全力投票」で
角館高2年の門脇さんに会長賞


photo  大仙市指定無形文化財の小正月行事「鳥子舞」が20日、同市上大町の諏訪神社で行われた。境内に祭られている「市神社」の祭典で、商売繁盛や五穀豊穣を祈願した。  市神社の祀の前に雪舞台がつくられ、その舞台で神官が五調子、榊舞、鳥子舞を奉納。その後、鳥冠をつけた斎主が2mほどのご神木を手に登場した。  雪舞台の前には男衆が集まった。群衆との合間を計り、今年の斎徳の方向へ投じると壮烈な争奪戦が展開された。  御神木には折れ目が入っており、ばらけて分散する仕組みになっている。手にした瞬間、懐に隠し我先にと会場から走り去る人や数人で争うなど騒然となった。  今年はコロナ禍ということもあり、御神木の争奪は大仙市在住者に限定。マスクを着用し感染症対策を行ったうえで実施された。
photo








※写真は
御神木を奪い合う男衆
舞を奉納する神官


詳しくは2021年2月23日(火)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで