2021年3月20日号
道の駅美郷で内覧会
31日リニューアルオープン

photo  美郷町金沢の国道13号沿いにある「道の駅美郷」が3月末にリニューアルオープンするのを前に15日、関係者向けの内覧会が開かれた。入りやすくずっと居たくなるような環境づくりをひとつのコンセプトに販売スペースを拡充。内装には県産木材をふんだんに使い、温かみのある開放的な空間が広がっている。  リニューアルした道の駅美郷はメインとなる売り場の建物と隣接する曲がり屋(計753平方b)で構成。隣のトイレ施設も整備したほか、道路情報提供施設に新たに観光案内のカウンターを設けた。総工費は3億7723万円。  売り場の建物は、農産物やお土産の販売スペースを従来の1・5倍に拡大した。町産米や特産品をアピールしようと、壁面にはイラストを描いた。また西側にはカフェスペースが設けられており、大型の窓ガラスからは田園風景を望むことがきるつくりとなっている。  レストランはもともと地域の会合などに使われていた曲がり屋をリフォーム。純和風建築の意匠をそのまま生かし柱や梁を残した。1合サイズの鉄製釜で炊いたご飯を提供する予定。  道の駅を運営する町第三セクター・あきた美郷づくりによると、2021年度の売り上げは、新型コロナウイルスの影響が少なかった19年度の1億8000万円を上回りたい考えで、コロナ収束後は2億5000万円を目指す。  道の駅美郷は31日午前9時にリニューアルオープンする。  問い合わせは、美郷づくり(電話0187・84・0020)。

photo photo







※写真は
31日にリニューアルオープンする道の駅美郷
曲がり屋をリフォームしたレストラン
木材をふんだんに使用した販売スペース

詳しくは2021年3月20日(土)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで