2021年5月20日号
4案を原案通り可決、承認
美郷町臨時町議会


photo  美郷町の臨時町議会が17日開会し、会期を1日限りと決定。松田知己町長が招集あいさつを行ったほか、新型コロナウイルス対策生活応援事業費などを盛り込んだ2021年度一般会計補正予算案や20年度一般会計補正予算などの専決処分3件の計4議案を原案通り可決、承認して閉会した。
 招集あいさつで松田町長は、新型コロナウイルスに関する対応について「4月上旬、大仙保健所管内で新型コロナウイルス感染者が連鎖的に発生していることを受け、町では人流を抑えるため、4月12日から公共施設の利用制限を行った。当初25日までと設定したが、感染者の発生が続いたことから制限期間を5月2日まで延長し、3日に利用制限を解除している」と報告。また4月14日からのぐっと楽運動教室や一部の乳幼児健診、元プロ野球選手による野球教室を延期したほか、5月29日の元オリンピック選手によるトークショーとバドミントンクリニックも延期することにした。
 新型コロナウイルスワクチンの接種状況については、4月19日から開始し、21日に配分数量の975人分に達したため受付を終了。接種人員は5月9日が町公民館で450人、10日が町中央体育館で375人、13日が町北体育館で150人。1回目の合わせて975人が接種を受け、2回目の接種は5月30日の週に行われる。
 新規ワクチン接種については6月6日の週に行うこととし、予約の混雑を回避するため、対象を85歳以上の人に限定し、5月10日から14日まで受け付けた。今後は24日から電話予約に加え、インターネットでの予約受付も行うこととし、予約可能人数を勘案し、85歳未満の一定年齢の人の予約を受け付ける。
 今冬の大雪による被害状況については、雪下ろしなどの作業中の事故による重傷者が6人、農業関係ではパイプハウス・農機具格納庫の全・半壊等285棟、果樹生産施設一部破損4件、樹体損傷10件、被害額の合計2億1888万円。道路関係では、倒木による道路閉鎖2件、公共施設関係では雪の重みによる町営住宅の軒折れ、プールパークみさと休憩テントの歪み、道の駅美郷曲がり屋の屋根一部損壊、坂本東嶽邸の板塀一部破損、弓道場屋根のトタン一部破損、北運動公園野球場のフェンス一部破損、宿泊交流館体育館の屋根一部破損の計7軒となっている。
 21年度一般会計補正予算は8598万円で補正後の予算総額は115億5328万円。補正による主な事業は新型コロナウイルス対策生活応援事業費6953万円、ワクチン接種のインターネット予約導入など受け付け態勢の強化費413万円など。
 20年度補正予算の専決処分は地方交付税の確定などに伴うもの。2億2574万円を追加し総額149億3379万円。
※写真は
招集あいさつする松田町長


詳しくは2021年5月20日(木)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで