2021年5月25日号
会長に平瀬氏を再任
大仙市商工会の通常総代会


photo  大仙市商工会(平瀬孝志会長)の通常総代会が20日、中仙市民会館ドンパルで開催され、2021年度の事業計画や収支予算など7議案を原案通り承認した。任期満了に伴う役員改選も行われ、平瀬会長を再任した。
 総代会には総代104人が出席。平瀬会長は「新型コロナウイルスに関する特別相談窓口機能を継続し、特に喫緊の課題である事業承継支援をはじめ、ポストコロナに向けた取り組み支援で、自然災害などの危機的な状況においても業務が継続できるための事業継続計画(BCP)の策定支援、深刻化する人手不足、加速するICTなどの経営環境が激変する中、ピンチをチャンスと捉え、この難局を乗り越えるため、経営相談にきめ細かく対応していく」と述べた。
 基本方針では、激変する経営環境に対応した事業を第一に考え、商工会アクションプログラム、5ヵ年計画の最終年を迎える経営発達支援計画とともに県連合会が策定した重点推進事業との整合性を図りながら着実な事業推進に努めるとし、▽新型コロナウイルス等経営環境の変化に対応した支援事業強化と推進▽大仙市商工会アクションプログラムの着実な推進▽経営発達支援計画の推進▽元気のある地域づくりの推進―を重点事業に掲げた。
 重点推進事業のうち、アクションプログラムの着実な推進では、花火ブランドを活かした多様な個社支援の対応強化や事業承継可能事業者への積極的なアプローチによる廃業の抑制、創業希望者の掘り起こしと事業化支援を行う。
 新役員は次の通り。敬称略。
 ◇会長=平瀬孝志(平熊商店・中仙)
 ◇副会長=佐藤芳雄(佐藤測量事務所南外出張所・南外)、長澤典雄(福寿・仙北)
 ◇専務理事=鈴木武夫(鈴木工務店・協和)
 ◇理事=小松栄治(丸栄・西仙北)、田口順一(田口石材店・同)、小山田明(強首樅峰苑・同)、進藤隆(進藤電機・同)、今野博行(今野自動車整備工場・協和)、鈴木一彦(丸陽建設工業・同)、茂木義行(協和土建・同)、草薙孝悦(草薙商店・中仙)、鈴木直樹(鈴木酒造店・同)、高橋正己(高橋ふとん店・同)、高橋篤美(Takamitu・同)、藤原聡史(土地家屋調査士藤原聡史事務所・同)、熊谷隆雄(熊谷鉄工・太田)、鷹觜信行(鷹觜商店・同)、小松正幸(BRAIN・同)、小林悟(家具のマルタク・神岡)、武藤良仁(エリヤ神岡・同)、相良茂(相良ポンプ・同)、佐渡敏夫(こんぶ屋酒店・南外)、佐藤力哉(シーグ・仙北)、大釜滝浩(大滝建設・同)、後藤広実(竹馬・同)、佐藤優(商工会青年部・青年部長)、伊藤まり子(商工会女性部・女性部長)
 ◇監事=信田健(日榮堂・西仙北)、佐藤富幸(佐藤石材工業所・太田)

※写真は
あいさつする平瀬会長


詳しくは2021年5月25日(火)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで