2022年6月9日号
事業計画など承認
大曲法人会の総会

photo  公益社団法人大曲法人会(塩谷國太郎会長)の定時総会が2日、大曲エンパイヤホテルで開催され、今年度の事業計画や収支予算を決めた。
 総会には会員ら28人が出席。塩谷会長は「ウクライナ情勢や温暖化など、色々な課題が山積する大変な時代だが、こんな時こそ皆さんと力を合わせて、法人会としての役割をしっかり果たしていく」とあいさつした。
 今年度の事業計画では健全な企業経営と納税意識の向上に努めることで「魅力ある法人会」の確立を図ることや地域社会への貢献活動の充実とeーTax普及推進に積極的に努めることなどを基本指針とし▽税知識の普及啓発と納税意識の高揚を目的とする事業▽税制税務に関する調査研究並びに提言に関する事業▽地域企業の健全な発展に資する事業▽地域社会への貢献を目的とする事業▽会員の交流並びに福利厚生に資する事業―を行うことを決めた。
 第43回経理担当優良従業員表彰では、勤続13年の油谷愛さん(万六建設)、勤続31年の菅原由香さん(鈴福商店)、勤続22年の高橋恵美子さん(渡辺清米商店)、勤続10年の相馬聡美さん(ビー・スケップ)、勤続14年の藤井木綿子さん(大曲仙北地区自家用自動車協会)、勤続15年の森元晴美さん(株式会社ナカセン)を表彰。第22回大型保障制度優良推進員表彰では、麻生亜希子さん(大同生命株式会社北東北支社秋田営業部横手営業所)を表彰した。
 総会に先立って、大曲税務署との共催で税制改正セミナーが開かれ、講師に大曲税務署法人課税部門より統括国税調査官の藤田純一さん、上席国税調査官の目黒悟さんを招き、「インボイス制度並びに改正電子帳簿保存法の実務」と題した講演を行った。
 講演の中で目黒さんは、消費税の基本的な仕組みや、令和5年10月1日より開始となるインボイス制度の概要について説明。同制度導入までのスケジュールや、課税事業者、免税事業者が制度導入までに検討すべきことなどを話した。
 また藤田さんは、令和6年1月1日から導入される帳簿書類の電子化について「コロナ禍で電子化が進み、事業者が電子取引に関わる機会は普通にある。電子データ自体が原本となり、その原本を保存することが原則となるのが今回の改正」などと説明。「今後DXはさらに進む。いろんなものを電子情報で発信していく流れは変わらない」と述べた。

photo photo photo photo








※写真は
28人が出席した総会
帳簿書類の電子化について話す藤田さん
あいさつする塩谷会長
多くの聴衆が集まったセミナー
優良従業員表彰

詳しくは2022年6月9日(木)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで