2022年6月25日号
応援幕お披露目
アネスト岩田と中仙中のコラボ制作

photo  アネスト岩田株式会社秋田工場(因幡誉之工場長)の社員9人と中仙中学校(渡邊朋哉校長)造形部の生徒ら8人が協同で制作した応援幕がこのほど完成し、同校でお披露目された。
 17日から3日間に渡って開催された大曲仙北中学校総合体育大会前の激励会で、選手に向けたエールとして披露された同作品は、縦6b×横2bの巨大な幕に躍動する人物や花びらなどが描かれている。「One for all, All for one」のメッセージと共に、教諭らが寄せた激励メッセージも吹き出しを使って書き込んだ。
 作品の制作にあたって使用したのは、同工場で生産しているスプレーガン、エクリプスシリーズ。細かい線を描けるのが特徴で、同製品を用いたことで新たなグラデーション表現が可能になった。
 社員の協力を得てスプレーガンを使用した3年生の大山瑞稀さん(14)は「グラデーションや色の強弱をつけるのがちょっと大変だったが、制作自体は楽しかった。機会があればまた使ってみたい」と話し、同部部長の3年生佐藤愛莉さん(15)は「角度やねじり方で塗料の出方が全然ちがった。使い方は難しかったが、本物みたいな飛行機雲が描けてすごいと思った。自分の作品にも使ってみたい」と笑顔を見せた。
 激励会には同工場から社員らも駆けつけ、生徒らと共に作品の完成を祝った。

photo photo photo









※写真は
完成した作品
制作で使用したスプレーガン
スプレーガンを使用して色付け
協力してグラデーションをつける

詳しくは2022年6月25日(土)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで