2022年8月9日号
5業者を表彰
県優良工事地域振興局長表彰式

photo  第15回秋田県優良工事地域振興局長表彰の表彰式が4日、仙北地域振興局で行われ、模範となる優れた工事を行った建設業者5業者が表彰を受けた。
 表彰は中小企業の体質強化と技術力向上を目的に実施しているもので、今回は仙北地域振興局管内で昨年度に完成したB級対象工事81件、C級対象工事25件の中から選考。工事成績評点が高く、出来高や品質管理、安全管理などが特に優秀だった5業者を選んだ。
 表彰式で齋藤正和局長は「工事の出来高はもちろん、安全施工、現場での創意工夫の観点からも他の模範となるモデル的な工事だった。建設業の仕事は地域の社会資本整備や維持管理に欠かせない。この後も地域経済の発展、安全安心の観点からも引き続き尽力してもらいたい」とあいさつした。
 各企業の代表者は謝辞で「今後もますます創意工夫、研鑽しながら地域社会のために尽力していく」などと述べた。
 表彰を受けた企業と主な受賞理由は次の通り。
 ▽門脇組(門脇隆広代表・藤本泰行現場代理人)女夫橋橋梁改修工事=平成29年豪雨により被災し、仮復旧していた女夫橋について、利用者の安全確保のため全面改修を行った工事。現道幅員が1・7bから2・2bであり狭隘箇所での作業だったが、公園利用者とのトラブルもなく無事故で円滑な工事進捗を図ったほか、品質及び出来栄えもよく、事業の目的の一つである秋田県認定リサイクル製品の普及に寄与するなど他の工事の模範。
 ▽丸英土建(辻幹久代表・辻将人現場代理人)県単河川改良工事(自然防止債)=現場付近の住宅で地下水を使用しており、床掘の際に濁りや断水が起こる恐れがあったため、床掘作業期間に水を支給し、施工前・後の水質調査を実施した。異常が発生した際に速やかな対応が出来るよう、住民、発注者、受注者間で連絡体制を整えた。水替工の水中ポンプ周りに単管パイプとコンパネで作成した枠を設置し、掘削時に流れてくる土砂のつまりを防止することにより、ポンプの故障する恐れを軽減した。
 ▽門脇木材(門脇桂孝代表・田口智現場代理人)地方道路交付金工事(改設)=駒ヶ岳線の高野地区において歩行空間を確保するための路肩拡幅工事。幅員が狭く人家が接近し、乳頭温泉などの観光地もあるため交通量が多い路線であるが、地域住民への説明や工事中の安全対策を十分に努めたことにより苦情や事故等もなく工事を完成させた。道路や工事箇所に隣接する駐車場の補修等を実施し、地域への貢献等を積極的に行った。
 ▽ムトウ(武藤進代表・佐々木司現場代理人)松倉堰1期地区基幹水利施設ストックマネジメント工事=松倉堰幹線用水路の補修工事。工事内容は目地部分の補修工事ではあるが、老朽化により水路の欠損部分もあり、欠損部分の補修を行った上での目地補修が求められたことから、随時作業の進捗状況を監督員に報告し、連絡を密にしながら工事を完成させた工程管理能力は優良工事としてふさわしい。
 ▽長澤工務店(長澤幸広代表・橋和枝現場代理人)袖川園地公衆トイレ改修工事=「真木真昼県立自然公園」袖川園地の公衆トイレの改修工事。工事箇所は「袖川立岩」と呼ばれる火山岩の壁面を観賞できる箇所にあり、多くの登山客、観光客が訪れるため、工事内容の周知徹底、安全管理を適切に行い、公園利用者とのトラブルもなく無事故で工事を完成させた。築40年の建物のため既存軒天井コンクリートの損傷が著しく、軒天井の補修方法や維持管理用の昇降梯子の設置に積極的、的確な提案があり円滑な工事進捗状況だったことから高く評価できる。


photo photo









※写真は
あいさつする齋藤局長
謝辞を述べる辻代表
表彰を受ける門脇代表


詳しくは2022年8月9日(火)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで