2022年10月22 日号
力作100点以上並ぶ
大曲地域文化祭の創作展

photo  大仙市芸術文化協会大曲支部(栗林登支部長)の文化祭の創作展が15日と16日の2日間、大曲交流センターを会場に開催された。100点以上の作品が並び来場者の目を楽しませた。
 創作展では、全日本写真連盟大曲支部と大曲写真愛好会による写真展、大曲華道会の大曲総合華道展、フラワーデザイン協会のフラワーアレンジメント展、恵雪書道教室の書道展が行われた。
 フラワーアレンジメントのテーマは「まつり」。ダリアやカーネーション、オンシジュームなどの花材を使ってハロウィンや収穫祭などを表現した。オクトーバーフェストをテーマにした作品ではビールの泡をカスミソウで表現した。
 写真では花火や水の流れをスローシャッターで撮影した幻想的な作品が並んだ。
 栗林支部長は「コロナ以前はもっとたくさんの種類を展示したが、活動を休止したものもあり非常に寂しい展示となった。活動も再開されてきているので、他の分野の奮闘に期待し、来年以降は従来の総合的な展示になることを期待したい」と話した。
 来月6日には大曲市民会館・大ホールで芸能発表と企画舞台を開催する。午前10時半からの芸能発表ではバレエや和太鼓、新舞踊、歌謡などが披露される。午後1時半からの企画舞台「新・大曲劇場 花と踊りと音楽と」では和舞踊と洋舞踊、そして生け花のコラボレーションによる新境地の舞台が楽しめる。
 問い合わせは、大仙市の生涯学習課(電話0187・63・1111)。
photo photo photo











※写真は
書道作品がずらりと並ぶ
ハロウィンのオブジェも
写真を見る来場者
大曲華道会による華道展



詳しくは2022年10月22日(土)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで