2022年10月27日号
大自然と料理を満喫
婚活イベント「つながるWA」

photo  大仙市商工会(平瀬孝志会長)主催の婚活イベント「つながるWA〜大仙市から出会いがはじまる〜」が16日、大仙市太田の大台スキー場・特設会場で開かれた。県内在住の男女24人が参加。雄大な自然を満喫しながら料理とお酒、音楽などを楽しみ、親睦を深め合った。
 同イベントは、地域の若者が集う機会や場の創出を通じて少子化対策、地域振興を図る目的で開催されている。市内の飲食店4店を野外出店形式で招き、「大自然」、「大仙市の食べ物とお酒」、「出会い」を組み合わせたイベントとなった。
 4つのテントに分かれて座った参加者は、まずは飲み物をチョイス。MC石垣政和さんの音頭で乾杯し、イベントはスタートした。食べ放題・飲み放題で自由に屋台を楽しみながら交流を深める間、石垣さんと音楽担当のDJ伊藤佑介さんが終始、軽妙なトークで場を盛り上げた。
 数回の席替えタイムの合間に「以心伝心ゲーム」などのアトラクションを挟みながら、イベントは和やかに進行。イオンシネマのペアチケットが当たる抽選会も行われた。
 野外出店として、市内からは糾ロ一食品、ポールミート、やをらなどが参加。ポールミートはこの日のために、ザワークラウトやソーセージ、ベーコン、きのこなどを3日間煮込んだスペシャルメニュー「ビゴス」を用意した。丸一食品の「はじめっこたんぽ」や、やおらの麹スイーツも人気で、参加者は思い思いに料理を選んで地元の味を堪能した。
 参加者は、事前に渡された3枚の名刺カードに趣味やお気に入りの場所などを記入。気に入った相手にカードを渡し、今後の交流のきっかけとした。 
 参加者からは「MCとDJの2人がトークで盛り上げてくれたおかげで楽しめた」、「屋台の出店があって良かった」といった感想が聞かれたほか、「コロナの影響で出会いのイベントがなかなか開かれない時期もあった中、こうして開催してもらえて良かった」という声もあった。
 大仙市商工会の大川拓主査は「毎年企画していた婚活イベントも、ここ2年ほどはコロナの影響で開催できなかった。参加する人が安心して交流を深められるようなイベントを今後も企画していくので、興味のある人はぜひ参加してみてほしい」と話した。


photo photo photo photo photo




















※写真は
テントに集う参加者
大台スキー場をバックに盛り上げる
屋台に並ぶ参加者
大仙市商工会青年部も出店
丸一食品の「はじめっこたんぽ」とホルモン焼き
女性に人気のスイーツも



詳しくは2022年10月27日(木)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで