2022年10月29日号
本日から県種苗交換会
大仙市では初開催

photo  歴史と伝統を誇る秋田県最大の農業イベント「第145回県種苗交換会」が「先人に学び農業の未来をひらく」をメインテーマに本日から来月11月4日までの7日間、大曲体育館を主会場に開催される。大仙市での開催は初めて。合併前の旧大曲市では2004年に開催されている。  主会場の大曲体育館では、農産物出品展示や聖農 石川理紀之助翁展、学校農園展、産米改良展、農業関連参考展示、産業教育フェアを行う。  協賛第1会場の市役所駐車場では、大仙市の美味しい農産物が盛りだくさんの「だいせん農食マルシェ」や農商工フェア、大仙市PRブース、農業関連参考展示を企画している。  協賛第2会場となる「大曲の花火」公園では、農業機械化ショー、農産販売展、JA女性部食堂、JA全農あきた展、植木苗木市を開催する。  協賛第3会場の大曲市民会館では、各団体の大会、秋田クボタ民謡フェスティバル、農業関連参考展示を行う。  特別協賛会場の大曲ヒカリオ広場と花火通り商店街では29日と30日午前9時から午後4時まで、「市街地にぎわいイベント」を開催する。広場では楽しいステージや飲食ブースを設ける。商店街では、採れたて野菜販売「だいせん軽トラ市」を開催する。
 ペアーレ大仙前では種苗交換会の開催を記念して29日午前10時から、「出張ゆりあげ港朝市買って応援市in土屋館わいわい広場」も行われる。
 行事日程は次の通り。
 ▽29日=オープニングセレモニー(8時45分〜9時)、新穀感謝農民祭並びに開会式(10時〜11時45分)「サキホコレ」デビューイベント(12時〜12時40分)
 ▽30日=懇談会(9時半から15時)、歌と踊りフェスタ(10時半から15時)
 ▽31日=「農業と食」活性化シンポジウム(10時〜16時)
 ▽11月1日=秋田県NOSAI大会(10時半〜12時)、秋田県農業委員会大会(13時〜15時)
 ▽11月2日=秋田県土地改良事業推進大会(13時〜15時)
 ▽11月3日=農村における健康を考える集い(9時半から12時)、秋田クボタ民謡フェスティバル(13時〜15時)、JA秋田中央会理事会(16時〜16時半)、農業功労者を称える会(16時半〜)
 ▽11月4日=秋田県産米品評会表彰式(11時〜12時)、褒賞授与並びに閉会式(13時〜14時)


photo









※写真は
協賛第1会場の大仙市役所駐車場
協賛第2会場の「大曲の花火」公園



詳しくは2022年10月29日(土)号をご覧下さい。
ニュースバックナンバー



copyright (c)2005 AKITA MINPOU-SYA All Rights Reserved
このサイトに関するご意見ご感想は、minpo@camel.plala.or.jpまで