2024年7月20日
のびのびサロンなどを視察
大崎市一行が来訪

photo  宮城県大崎市や同市社会福祉協議会の職員、地域自治組織の関係者16人が12日、大仙市の公設民営ミニスーパーマーケット「南外さいかい市」と、市民交流プラザ「のびのびらんど」で開催されている「のびのびサロン」を視察した。
 のびのびらんどは、商店街の空き店舗を利用した誰でも自由に気軽に立ち寄ることが出来る地域の憩いの場。手話学習会や折り紙教室など、子どもから高齢者まで幅広い年齢層の人が関わりを持てるイベントを開催している。
 大崎市では2020年2月、公益財団法人さわやか福祉財団が発行した「居場所ガイドブック」で同施設の取り組みを知り視察に訪れた。今回は高齢者の居場所と見守り活動を課題としている大崎市が同市社会福祉協議会、地域自治組織とともに大仙市社会福祉協議会から紹介を受けた「南外さいかい市」と「のびのびサロン」を視察した。


写真
 ケーキや歌でお祝い
 再生可能エネルギー地産地消へ
 命に気をつける
 ふるさとの良さを発見

詳しくは2024年7月20日(土)号をご覧下さい。