2018年6月19日
「はなび・アム」完成
開館は8月5日

photo  花火伝統文化継承資料館「はなび・アム」が完成し、16日、現地で竣工式が執り行われた。花火文化の価値を高め、歴史を継承しようと大仙市が建設していたもので、関係者約120人が出席し完成を祝った。
 はなび・アムは市中心部の大曲大町の丸子川沿いに立地している。鉄骨造り4階建てで、延べ床面積1661平方b。1、2階は生涯学習機能を配置し、多様な利用形態に対応した可変性ある仕様にしている。3、4階は資料館機能を配置し、花火の歴史を知り体験できる展示や収蔵資料のアーカイブコーナーを設けている。

写真
 老松会長を再任
 齋藤会長を再任
 心地良い汗流す
 本番が楽しみ

詳しくは2018年6月19日(火)号をご覧下さい。