2020年11月26日
練習に熱
クリスマスの夕べ

photo  オペラをつなぐ仲間の会(築地芳子代表)主催の「クリスマスの夕べ」が12月20日午後3時から、大曲市民会館・大ホールで開かれる。出演者は本番に向けて練習に熱を入れている。
 開催は2年ぶり。新型コロナウイルスの影響でイベントの中止が相次ぐ中、市民に元気を届けようと大仙市との共催で実施する。
 クリスマスの夕べは2部構成。第1部はオペラ「アマールと夜の訪問者」。足の不自由な羊飼いの少年アマールと母親が住む貧しい家に3人の王様が立ち寄った時の物語。キャストと裏方合わせて総勢約50人でステージを作り上げる。
 主役のアマール役は大川西根小学校6年の小原寛人さん、母親役は2018年の開催と同じく黒川真樹子さん、3人の王様役は山形大学大学院の学生と卒業生が務める。  第2部は大曲中学校2年の磯治志さんのピアノ演奏と女声合唱団「コールノーヴァ」による合唱、そしてクリスマスキャロル。クリスマスキャロルは、公募で集まった小中学生のジュニアコーラスを発表するほか、「キャロルは流れる」と銘打ち、出演者全員で「赤鼻のトナカイ」や「ジングルベル」、「もろびとこぞりて」などを披露する。
 21、22日の両日、大曲市民会館・小ホールで練習が行われた。22日午前はオペラの出演者が発声の仕方や動作などを念入りに確認。午後からはクリスマスキャロルの合唱練習に取り組んだ。

写真
 チャンスは生み出せる
 うがいは感染予防ではない
 受賞を報告
 週末告知板

詳しくは2020年11月26日(木)号をご覧下さい。