2022年9月27日
最新の技術に触れる
建設ICT現場見学会

photo  大曲工業高校土木・建築科の1、2年生を対象とした建設ICT現場見学会が20日、大仙市協和峰吉川の雄物川上流小平沢上流地区築堤護岸等工事現場内で行われた。生徒47人が参加し、レーザースキャナーによる3次元測量の実演やICT建設機械への試乗などを行い、最新の技術に触れながら建設業に対する理解を深めた。
 同見学会は建設産業における深刻な人材不足を背景に、将来の担い手確保と人材育成に向けた取組みの一環として、平成29年から県仙北地域振興局と県仙北建設業協会が開催している。今回で6回目。
 会の冒頭、各企業を代表して、今回現場を提供した秋田振興建設株式会社の取締役総務部長、小原貴さんが「皆さんの先輩達も現場見学を行い、その中で建設業を選んで就職した人がたくさんいる。今日はぜひ、皆さんの目で見て、耳で聞いて、触れて体感してもらい、この先の進路決定や就職活動に役立ててもらいたい」とあいさつした。
写真
 種をまき20年
 
 大震災の記憶を忘れずに
 おしばの魅力を楽しんで

詳しくは2022年9月27日(火)号をご覧下さい。